RSS
Admin
Archives

みんなでホムペ

色波・紅白パンダ・フッソ・DONがみんなで経営するホムペ。

プロフィール

色・紅・フ・D

Author:色・紅・フ・D
色波
経営者その1:色波
年齢:16歳
性別:♂
頭:主にバカ
個別ブログ:Meno mosso!!!


紅白パンダ
経営者その2:紅白パンダ
17歳 男 サッカー部
性質:人見知り
好きな作家:伊坂幸太郎・有川浩・米澤穂信
好きな歌手:Aqua Timez
      Base Ball Bear

フッソ
経営者その3:フッソ
変な高校生です。


DON・My※
経営者その4:DON・My※
性質:お金大好き
身長:炊飯ジャー8.5個分

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
何人来るかなーっと。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04
25
Category : 紅白
かなり久しぶりに書きます。
高3にもなると何かと(主に勉強が)忙しくて、なかなか日記をつけることもできません。
たぶんこれからも過疎化すると思います。


最後の記事から今までに読んだ本。

米澤穂信さん「さよなら妖精」

守屋路行と大刀洗万智が雨の日に出会った、ユーゴスラビア出身のマーヤ。
行くあてのないという彼女を、友人の白河いずるのところで世話することになります。
因みにみんな高校生。
マーヤと過ごした二ヵ月の中で出会う些細な謎の数々。
外国出身の彼女が日本文化を見つめる視点がおもしろいです。
みな大人びていて、今の自分とかが情けなくなります。
小説の中だからというのもあるんだろうけど。
期待しすぎたとこもありましたが、おもしろく読みました。
殺人のない青春ミステリというジャンルは好きです。
この本は最後にちょっとあれですが。



三津田信三さん「水魑の如き沈むもの」

怪異譚を何よりも好む小説家の刀城言耶は、大学時代の先輩から
ある村で行われる不思議な雨乞いの儀式のことを聞き、彼の担当編集である祖父江偲と
ともにその村へと向かいます。
この類の小説ではもうお決まりの連続殺人が発生し、閉鎖された状況で言耶が真相究明に挑むお話です。


さらっと読むには難しい少し複雑な話でしたが、おどろおどろしい雰囲気に呑まれ、
一気に読んでしまいました。かなりいいです。
シリーズ物なので他のも読みたい。
難点を言うなら、謎解きを追って理解するのが大変です。



荻原浩さん「噂」

香水会社が自社の製品を売るために流した一つの噂。
「雨の日にはレインマンが現れて女の子の足首を切り取っちゃうんだって。
 でもミリエルの香水をつけてたら狙われないから大丈夫」

都市伝説のように噂は広まり、会社の戦略は成功する。
しかし、創作のはずの噂通りの殺人事件が起きてしまう。
中年の刑事と若い女性の警部補がペアを組み、捜査にあたる。

ホラー要素の強い話ですが、2人の刑事が次第に信頼を深めていく様子が
こちらを一息つかせてくれます。
ラスト一行にはビビる。


貴志祐介さん「黒い家」

もうね、この人怖いっす。
あらすじとかいいから怖いです。
さすがに「悪の経典」のときのダメージほどではありませんが、
読後はしばらく放心せざるをえないです。

保険会社に勤める慎二は、保険に加入している菰田という男から家に呼び出される。
そこで発見したのは、菰田の幼い息子の自殺体。
警察は自殺と判断したが、菰田の様子を間近で見た慎二は保険金狙いの殺人と確信し、
独自に調べを進めていく、というお話です。
その先に待ち受ける戦慄の結末。



悪魔とか幽霊とかもう関係ないって思いました。
ただの人間がこんなに怖い。


そして今は、よしもとばななさんと角田光代さんを読んでいる最中です。
忙しくても読書は定期的にやっていきたいです。




そして、
この前京都に遠足いってきました。

お寺巡りが主な行程。
風流でした。清水寺いいところ。
たっくさん仏像を拝みました。
三十三間堂はほんとに圧巻。

木造のお宅が多く、日本的で和むところです。
もうビルなんか潰せばいいとか思った。

大学に入ったらもっかい旅行します絶対。
和スイーツが食べれなかった心残りがあるのでそれを果たします。






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。