RSS
Admin
Archives

みんなでホムペ

色波・紅白パンダ・フッソ・DONがみんなで経営するホムペ。

プロフィール

色・紅・フ・D

Author:色・紅・フ・D
色波
経営者その1:色波
年齢:16歳
性別:♂
頭:主にバカ
個別ブログ:Meno mosso!!!


紅白パンダ
経営者その2:紅白パンダ
17歳 男 サッカー部
性質:人見知り
好きな作家:伊坂幸太郎・有川浩・米澤穂信
好きな歌手:Aqua Timez
      Base Ball Bear

フッソ
経営者その3:フッソ
変な高校生です。


DON・My※
経営者その4:DON・My※
性質:お金大好き
身長:炊飯ジャー8.5個分

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
何人来るかなーっと。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04
06
Category : 紅白
春休みです。

もう明後日には始業式ですが。

時間があるので本を読んだりします。

今邑彩さん「ルームメイト」

大学進学のため上京してきた春海。
京都から出てきたという同じ境遇の麗子とルームシェアすることになります。
しかし突然麗子が失踪。
足取りを追ううちに、麗子の身分が全くのでたらめだったことや、他にも複数の
名を騙って別の場所で暮らしていたことを知る。
やがて死体となって発見される麗子。
別の殺人事件も絡み、真相を春海とその先輩、工藤が調べていく。


筋も複雑でなく、すぐ読めてしまいました。
帯にもありましたが、どんでん返しで読者を騙す小説です。


八木沢里志さん「森崎書店の日々」

恋人に振られ、仕事も辞め、どん底に陥った貴子。
彼女のもとに一本の電話。
それは、古書店をやっている叔父のサトルからの、店に住み込んで手伝いをして欲しい、
というものだった。叔父を苦手としていた貴子だが、彼の申し出を受けることに。
本の街・神保町での貴子の日々を綴るお話。


何の先入観もなく読み始めましたが、最初の10ページでもう好きになりました。
表現力が乏しいのでどこが具体的に気に入ったとか言えないけど。
なんといったらいいのか・・・あったかい話です。
出てくる人もみんないい人で・・・・とにかく、すごく気に入りました。
くり返しくり返し読みたいって久々に思った。


綾辻行人さん「びっくり館の殺人」

怪しい噂のつきまとう大きな洋館「びっくり館」。
6年生の三知也は、そこに住む少年の俊生と友だちになり、屋敷に出入りするように。
俊生と交流を深めるうち、屋敷に同居する俊生の祖父、龍平の異様な一面を目にします。
そしてクリスマスの夜、密室で龍平が殺される。果たして犯人は。


これは推理小説ではなく、ホラー要素を楽しむものだと思います。
犯人途中で分かったし。殺人が起こるまでの描写もかなり長いので、あまり謎に重点おいてないんだって
気がしました。
でもおもしろかったです。トリックが簡単なのも気になりませんでした。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

ばんわで~す

バトンまわさせてもらいました~
やれたらでいいのでよろしくです!

No title

OKです。近いうちに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。